Welcome!


お宝発見!!どきどき発掘^^
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
スポンサーサイト
2009/12/04(Fri)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
海の怖さを思い知らされました  「ジョーズ」
2009/07/03(Fri)14:35
 
近年、日本でも「海猿」などの海を舞台にした

映画のヒットはありますが

海洋スペクタクル物の元祖といえば、やはり

このジョーズ(Jaws:1975年米国)」に

尽きるでしょう

お宝恐怖度4(MAXはァ

スティーヴン・スピルバーグ監督若干27歳で撮ったこの

作品は、後に乱発される動物系パニック映画の

先駆けだけでなく、ハリウッド娯楽映画の典型として

位置付けられる金字塔的作品です 

オープニングから、夜の海辺で遊ぶ若者に

静かに忍び寄るエタイの知れない恐怖の物体

そこに重なるジョン・ウィリアムズの、あまりにも有名な

ジョーズのテーマが(ズンチャ、ズンチャ・ズンチャ)

と流れて来ると、どきどきわくわく、嫌でも緊張感を増大させます

ジョーズ 25周年記念 コレクターズ・エディション [DVD]

ジョーズ 30th アニバーサリースペシャル・エディション [DVD]

中盤以降で、サメ狩りに行く三人

ロイ・シャイダーロバート・ショウリチャード・ドレイファス

の男達の心の葛藤も見所の一つですね

 当初はマット(リチャード・ドレイファス)や

 ブロディ(ロイ・シャイダー)を毛嫌いしていて

 自分勝手な振る舞い三昧だったクイント

 (ロバート・ショウ)ですが海上で、供にサメと

格闘している間に奇妙な連帯感(友情)が見出される展開は、この映画を

単なるパニック物だけに収めきれない深みを醸し出していますね

(酒を飲み交わすシーンなど特に)

子供の頃溺れて、海が大嫌いのブロディが最後に(*****)する

とは、脚色の巧みさが光ります

ショック場面も最低限の範疇で収めてあり、冒険活劇の側面で見れば

かなりの完成度だと思います

続編や類似作品もかなり出ているのですが

ストーリー及び登場人物が引き継がれている

ジョーズ2(1978年米国)」以降の作品は

サメが人を襲う基本以外、演出面など見せ場が

あるとはいえません

特筆すべきことは、主要三人の俳優(ロイ、ロバート、リチャード)が

かなりの映画賞にノミネート、もしくは受賞歴がある事実です

それぞれのキャラ人物像がやけに際立っていて

作品を重厚にしている一因に挙げられます

 静寂を取り戻した海を泳いで帰る

 ラストが、直前までの激闘を忍ばせ

 良いエンディングです

 名監督スピルバーグの原点とも言える

 海洋スペクタクルムービーです!!






監督: スティーブン・スピルバーグ

製作: リチャード・D・ザナック

     デイヴィッド・ブラウン

原作: ピーター・ベンチリー

脚色: ピーター・ベンチリー

出演

     ロイ・シャイダー (マーティン・ブロディ署長)

     ロバート・ショウ (クイント)

     リチャード・ドレイファス (マット・フーパー)

     ロレイン・ゲイリー (ブロディ婦人:エレン・ブロディ)

     カート・ゴッドリーブ (メドウズ)

     マーレイ・ハミルトン (ボーン市長)

     
     

     
       



 
 




BR>

投稿者:ROCK☆ STAR|カテゴリ:映画(パニック)

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(0)