Welcome!


お宝発見!!どきどき発掘^^
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
スポンサーサイト
2009/12/04(Fri)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
真夏の夜の清涼剤に・・・怖!!  「死霊のはらわた」
2009/08/04(Tue)12:40
 
この映画「死霊のはらわた

(The Evil Dead:1981年米国)」は

たしか中学生の時、初めて見たのですが

怖かったなんて、どころではなかったです

お宝気持ち悪いレベル10

(MAX5+5!!)

サム・ライミ監督(スパイダーマン

シリーズで超メジャーになりましたね)の

長編デビュー作らしいですが

カルトチックかつ、徹底的にダークな

作風に仕上がっております


 男女5人の若者達が

 森の別荘で静養しようと

 やってきます


ある時、別荘の地下室へ降りると

”死者の書””謎の短剣””テープ”

などを発見しました

興味本位で、テープを再生してしまった彼らに

悪霊研究をしていた、科学者の

奇妙な呪文がとどろくと

森に潜んでいた、悪魔が復活して

仲間を次々と襲いはじめました

絶対絶命の危機の中

アッシュ(ブルース・キャンベル)は

どう、立ち向かうのか・・・

ストーリーは単純で、死霊に取り付かれた

仲間との戦い、オンリーなのですが

その死霊の怖いこと怖いこと(笑)

低予算製作と言われてますが

小中学生が、この死霊の絵見たら

かなりトラウマになるかと・・・(笑)

主演のブルース・キャンベルは

”スパイダーマン・シリーズ”でもカメオ出演していて

懐かしいなぁ、と思いました(少々

恰幅の良い体型になってましたが(笑))

 淡々と、死霊との戦いに

 終始するアッシュですが

 ラスト、勝利の朝を向かえ

 朝日が立ち込める中

小屋の外へ出ると、なにかが

猛スピードで接近してきた、そして・・・

続編の「死霊のはらわた(1987年:米国)」は

このラストシーンから、始まりますが

実質、,離螢瓠璽らしいので

内容はともかく、進化した特撮を

楽しむ分には問題ないかと・・・


ホラー、スプラッター系が好きな

方は垂涎の一本でしょう

まずTVでは放映しない(できない)

であろう問題ムービーです





死霊のはらわた(The Evil Dead:1981年米国)」

監督: サム・ライミ

製作: ロバート・タパート

特殊撮影: バート・ピアーズ

特殊メイク: トム・サリヴァン

出演

     ブルース・キャンベル (アッシュ)

     エレン・サンドワイス (シェリル)

     ベッツィ・ベイカー (リンダ)

     ハル・デルリ (スコット)

     セイラ・ヨーク (シェリー)


20周年記念アニバーサリー・死霊のはらわた [DVD]


死霊のはらわた2 (初回限定生産) [DVD]


死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット ディレクターズ・カット版 [DVD]

投稿者:ROCK☆ STAR|カテゴリ:映画(ホラー・オカルト)

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(0)
イタリアンホラーの真骨頂ですね  「デモンズ2」
2009/07/20(Mon)12:54
 

ダークな色彩が不気味さを増殖

させている「デモンズ2(Demoni2:1986年イタリア)」

お宝不気味レベル4・5(MAX5)

ダリオ・アルジェントの世界観が

ミッチリと投影された作品です

一作目の「デモンズ(Demoni:1985年

イタリア)」

映画館に閉じ込められた人々と

デモンズとの死闘を描いていましたが

今回の二作目では

完璧なセキュリティー下の高層マンションを舞台に

益々過激に変貌した、デモンズ相手ゆえ

一筋縄では生き残れません

前作から引き継いで出演している

役者さんもいますが

スポーツジムトレーナー役

ハンク(ボビー・ローデス)が目立ちますね

前作でも、孤軍奮闘していたのですが

残念、今作も敢え無くデモンズにやられてしまいます(笑)

違う役柄で出てくると

一瞬錯覚してしまいますよね(笑)

 この映画って、ゾンビ物や

 スプラッター系に分類されるのでしょうが

 怪奇小説の大家

 H・P・ラヴクラフトの本

(クトゥルー神話)を下地にしている点が

世紀末(公開時点で)近し、暗黒の未来を暗示した

題材として評価できるのでは。

サリーと言う女の子の誕生パーティーを

友人達が、部屋で催すのですが

すでにデモンズ化寸前の

サリーが部屋に入ってくるシーン

これから起こるであろう惨劇の

予兆たるシチュエーションが

伝わってきて、お見事です(DVDカバーにもなっている)

その後の展開からが、どきどきものでして

少年デモンズ(笑)が倒され

お腹から化け物が出てくるのですが

(これは、笑えるかも・・・)

あれって、「グレムリン」みたいでないですか?

見た目なんですがね(笑)

何の脈絡も無く出現して

登場人物とも何の関係も無く倒されて

出現させた意味が知りたいのですが

関連記事がどこにも見当たらなく

断念せざるをえません(笑)

イタリア製ホラーって、総じて

突拍子もないストーリーが多いのですが

あまり深く考える必要がないから

見たまんまの恐怖感、異質性が伝わるような

気がいたします





      「デモンズ2(Demoni2:1986年イタリア)」


監督: ランベルト・バーヴァ

脚本: ダリオ・アルジェント

     ランベルト・バーヴァ

     フランコ・フェリー二

撮影: ロレンツォ・バッタリア


出演
    
    デビット・ナイト (ジョージ)

    ナンシー・ブリリ (ハンナ)

    コラリーナ・カタルディ・タッソー二 (サリー)

    アーシア・アルジェント (イングリット)

    ボビー・ローデス (ハンク)


デモンズ [DVD]

デモンズ 2 [DVD]

投稿者:ROCK☆ STAR|カテゴリ:映画(ホラー・オカルト)

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(0)