Welcome!


お宝発見!!どきどき発掘^^
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
スポンサーサイト
2009/12/04(Fri)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
夢では無いのか?夢なら覚めないで!(笑)
2009/10/24(Sat)13:45
 

DEAD END




20年・・・・・

移り変わりの速い、現代に置いて

気の遠くなる様な年輪です


当時出生した、子供は

成人と言う、この長さ・・・


今月発売雑誌「We ROCK」にて

表紙を飾った

伝説のロックバンド「DEAD END


近影も公表されましたが

メンバー4人、ほとんど

変わりない容姿で

安心しました?(笑)


特に、MORRIE(ヴォーカル)など

昔よりも痩せていて

節制してるのだなぁ、と

妙な感心してしまいました


DEAD ENDの偉大さは

リスペクトしている

後続バンドを見れば

多くを語る必要は、無いのですが


サウンド面は、述べなくては成りません


ハードロック、テクノ、メタルなど

あらゆる要素を加味した

音世界は

MORRIEの、個性的な歌唱法もあり

唯一にして、無二な存在感を

リスナーに与えました


メンバー全員、アクの強い性格で

衝突も多いのですが

(プロフェッショナル故、当然と

言えば当然ですが・・・)



曲が、形を成した時の

オリジナリティに置いては

群を抜く、独創性を発揮します


ストレートな曲と、見せ掛け

変拍子、不響和音などを

さり気無く挿入する、技術は


常に聞き手の、想像を超え

驚きを与えてきました


11月11日発表

20年振りの、オリジナルアルバム

Metamorphosis」でも


既存の枠に収まらない

”魔力的変容”サウンドを

聞かせてくれる事でしょう


そんな、彼らの復活を記念して

1988年発表、メジャーセカンドアルバム

SHAMBARA」から

CRAZY"COOL"JOE(ベース)作曲

「Serpent Silver 」をご紹介!


ベーシストらしく、乗りの良い作風で

DEAD ENDにしては

珍しく、ストレートな曲ですが


サビでの、マイナーコードの

使い方が秀逸です


かなり物悲しい、響きなのですが

彼らの手に掛かると

この様な、アレンジに成ってしまうから

不思議です


カッコイイ、その一言に尽きます!!




◇解散時メンバー(同:再結成時)

○ MORRIE(Vocal)

○ YOU(Guitar)

○ CRAZY"COOL"JOE(Bass)

○ MINATO(Drums)





投稿者:ROCK☆ STAR|カテゴリ:音楽(邦楽ロック)

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(0)
酸欠は覚悟して下さい(笑)
2009/10/20(Tue)11:07
 
「REACTION」



リアクション・・・ロックキッズにとって

このバンド出現ほど

ショッキングな事象は無かったのではと

今さらながら、思われます


1983年結成

ヘビーメタル、ロックンロールを

見事に融合させたサウンドは

口コミで話題をさらい


1985年、初アルバム「INSANE」発表

インディーズでの流通ながら

当時、2万枚もの売り上げを示し

音楽業界で話題になりました


アマ時代の実績と、反比例して

メジャーデビュー後は

大きな実績を、残せませんでしたが


後続ロックバンドに与えた

影響力は、有形無形として

伝えられています



ピックアップ!として

「INSANE」

収録曲


「JOY RIDE」

を取り上げます


◎ リアクションと言うバンドは

このアルバムに始まり

このアルバムが”全て”と言って

過言では無いでしょう


それほど、発表時の衝撃が凄まじく

ムーブメント最盛期の

”洋楽ハードロック”ファンを


国内にも、こんな凄いバンドが

居るのだぞ、と振り向かせた功績は

LOUDNESS(ラウドネス)”と

双璧ではないでしょうか


当時としては、破格の

スピードを有した曲構成

(ライブはさらに速い)


加藤純也(ヴォーカル)の

野生味溢れる、パフォーマンス


尋常で無い、速さのテンポを

一糸乱れぬ演奏力で

奏でるギター、ベース、ドラムス


彼らのホームグラウンドと

言える、東京都目黒区に在る

ライブハウス「鹿鳴館(ろくめいかん)」は


キャパシティ100人も入れば

立錐の余地も無く

かのよな、ハードサウンドを

演奏すると、酸欠に陥り


失神する客も

多々出てくるのですが


それこそが、バンドの

ステータスを上げる要素の

一因だったのです


だからこそ、リアクションが

あらゆる角度から

話題に昇ったのも

頷ける事実なのです


躍動する体、飛び散る汗

交差する”欲望”と”混沌(カオス)”・・・

”生”の臨界点が

この映像に刻まれています





投稿者:ROCK☆ STAR|カテゴリ:音楽(邦楽ロック)

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(0)